ニキビが黄色くなった理由とは~ニキビに効く洗顔料

あなたのニキビが黄色くなった理由とは、どのようなものでしょう。ここで、確認してみませんか。

 

黄色ニキビは、ニキビの状態の中でも、非常に症状が重症なものです。

 

ニキビは、毛穴に皮脂が詰まった白ニキビ、毛穴の皮脂つまりが酸化して固く黒くなった黒ニキビ、アクネ菌の繁殖により毛穴が赤く腫れて炎症を起こした状態の赤ニキビを経て、腫れと膿をともなった黄色ニキビへと進行します。

 

ニキビの患部の肌細胞は、雑菌と戦い、それが炎症となって赤ニキビとなります。炎症が長引くと、この時の白血球の死骸が膿となって患部にたまります。この膿が角質層から黄色っぽく透けて見えている状態が黄色ニキビです。

 

黄色ニキビは、腫れた部分が大きく隆起してしまうため、できてしまうととても気になってしまいます。また、肌に膿がある状態というのはなんとなく不潔な気がして、中の膿を取り出そうと、つぶしてしまいたくなるものです。

 

でも、黄色ニキビを無理矢理につぶすのは絶対にダメです。

 

とくに指や爪等でつぶすと、その際に、ニキビのまわりの皮膚組織まで壊してしまいます。するとそれが治癒するまでに非常に時間がかかるだけでなく、治癒の最中はさらに雑菌に負けてしまいやすくなるのです。しかし、肌の炎症や、膿を持った状態が長期間続くのはよくありません。

 

炎症や膿が肌の奥の真皮にまで達してしまうと、真皮の組織が壊され、クレーターになってしまう場合があるのです。黄色ニキビまで進行した場合は、自分だけでどうにかしようとせずに、お医者さんに相談するのがベストです。

 

特別な器具できれいに膿を取り除いてもらえます。

 

ニキビが黄色くなった理由を理解できたら、さっそくニキビの対策方法を試してみてはいかがですか。