黒ニキビが出来る仕組みとは~ニキビに効く洗顔料

黒ニキビが出来る仕組みとはどのような内容なのか確認してみましょう。あなたは、黒ニキビという言葉を聞いたことはありませんか?

 

黒ニキビはニキビの、いわば第二段階。分泌された皮脂が毛穴に詰まり、白っぽく見える状態が白ニキビで第一段階。黒ニキビは、この詰まった皮脂が空気にさらされて酸化し、固くぽっこりと盛り上がり、表面が黒くなった状態のことを言います。

 

なお、見た目が黒く見える事からブラックヘッドなどと言われることもあります。

 

できやすい場所は、皮脂腺の多い鼻や額、眉間が多いです。とくに鼻は、顔の真ん中あり目立ちますので、黒ニキビがあるととてもイヤなものですね。

 

黒ニキビをよく見ると、毛穴をコルク栓のような脂が塞いでいるのがみえると思います。これを角栓といいます。毛穴に詰まって固く酸化した皮脂が、毛穴まわりの角質層を押し上げているため、ぽっこりと膨らんで見えるのです。この角栓、文字通り毛穴に栓をしています。

 

そのため「角栓をつまんで引っ張れば、それこそワインのコルク栓のようにスポン!と抜けるんじゃないかしら?」と思いがちです。

 

実際に、黒ニキビをケアするとうたう商品には、角栓を引きはがすものが多数あります。ですが、これは肌に非常に負担のかかる行為です。角栓を引きはがす際に、角栓周囲の肌や、毛穴の入り口の肌も同時に引きはがしてしまいますから、毛穴を傷つけてしまいます。そのため、結果的に毛穴を大きく広げてしまうことになりかねないのです。

 

黒ニキビが気になっても、自分で無理矢理取ろうとせず、ニキビ洗顔などで皮脂分泌をコントロールするに留めるのがいいでしょう。なお、あまりに固い場合や痛いなど、重症な場合はお医者さんや専門家への相談をオススメします。

 

あなたのニキビがもし黒色だというなら、ここで確認した方法を使ってニキビに効く方法にトライしてみましょう。