ニキビが悪化する仕組みについて~ニキビに効く洗顔料

ニキビが悪化する仕組みについて解説します。

 

ひとくちにニキビといっても、段階によって深刻度はさまざま。行うべきケアも変化します。

 

ニキビの悪化の段階は、

  1. 白ニキビ
  2. 黒ニキビ
  3. 赤ニキビ
  4. 黄色ニキビ

とあり、最終段階が肌の凹凸、いわゆるクレーター肌というものです。

 

ニキビの初期段階は、分泌された皮脂が毛穴に詰まることで、本来は肌を乾燥から守り水分を保持するための皮脂ですが、必要以上に分泌されると毛穴を塞いでしまうことがあります。毛穴に詰まった皮脂は見た目には白く見えますので、この状態を白ニキビと言います。

 

さらに、この詰まった皮脂が、空気に晒されると酸化し、過酸化脂質となります。酸化した皮脂は黒く見えるため、これを黒ニキビと呼びます。

 

黒ニキビをそのままにしてしまうと、毛穴の内部でアクネ菌が皮脂をエサにしながら異常繁殖し、炎症を起こします。炎症した肌は肌の内部が腫れたような感覚で痛みをともない、腫れた肌はぼこぼことして手触りも悪くなります。

 

さらにそのまま炎症が進むと、炎症により肌の組織が壊され、黄色ブドウ球菌を始めとする大腸菌など雑菌の繁殖を許すこととなります。大腸菌が繁殖すると、腫れは膿を持ち、肌の組織はさらに壊されることとなります。

 

肌の内部が真皮まで壊され、その跡がもう回復しないようになると、その部分の肌にクレーターと呼ばれる凸凹が残ることとなります。

 

ニキビは、悪化してしまうと肌の奥から炎症を起こすようになるため、治すのにも時間がかかるようになります。

 

白ニキビ・黒ニキビの段階で、正しいニキビ洗顔で皮脂と菌をコントロールすることが悪化させないコツですよ。

 

ニキビが悪化する仕組みを折角理解できたのですから、ニキビ洗顔には、もちろん専用のアイテム、ニキビに効く洗顔料を使うように心掛けましょう。