ニキビ跡がクレーターになる場合とは~ニキビに効く洗顔料

ニキビが収まっても、治癒後しばらくは肌にニキビの跡がクレーターのようになって残る場合があります。とくにニキビが進行して重傷になったものであればあるほど、治癒した後でもニキビの跡が肌にしつこく残ってしまいます。

 

ニキビの跡の肌に、薄茶色い跡や赤みが残ってしまった場合、これは、シミと同じで色素沈着を起こした状態です。そのため、ビタミンCやBを積極的に摂取するのが効果的です。ビタミンCは肌のターンオーバーを促しコラーゲンの生成を助けます。また、抗炎症作用がありますので、肌の赤みを鎮静するのに効果があります。

 

ビタミンBは体の代謝をアップさせ、肌のターンオーバー(生まれ変わり)を促進しますので、色素沈着した肌を早く生まれ変わらせてくれるのに役立ちます。なお、ニキビの跡の肌は、細菌からの刺激と戦うために、免疫組織であるメラノサイトが活発に働いています。

 

紫外線を浴びると、シミが残りやすい状態ですので、紫外線対策は万全に行って下さい。肌にクレーターのようなヘコミが残ってしまった場合、残念ながらこれは、真皮にまでダメージが及んでしまった状態で、肌の表面をケアするだけではどうにもなりません。

 

治療する場合には、ピーリングやレーザーなど、肌を一度深くまで削って、強制的にもう一度生まれ変わらせる必要があります。もちろんこのケアは自宅で自分だけで行えるものではありませんので、専門の皮膚科医に相談して下さい。

 

なお、ニキビがよくなったように見えても、実は肌の奥に雑菌が残っている場合があります。治ったと思っても、雑菌が悪さをしないように、しばらくはニキビに効く洗顔料でのケアを続けることが重要です。

 

ニキビに効く洗顔料