ニキビを長引かせる紫外線を防ごう~ニキビに効く洗顔料

ニキビを長引かせる紫外線を防くことは、ニキビ対策の一環として、大切です。一度、確認してみましょう。

 

ニキビのある肌や、ニキビができたあとの肌に、紫外線は大敵です。ご存知のように紫外線には、A波とB波があります。まず紫外線A波は、角質層を突き通り、肌の内部の真皮にまで到達します。

 

そして真皮のコラーゲンやエラスチン繊維にダメージを与え、破壊してしまうのです。肌をベッドのマットレスに例えると、コラーゲンがスプリング、エラスチンはスプリングを支える組織、というイメージです。これらが破壊されるということは、いかに肌を老化させるかとういうことが理解できますよね。

 

かつ、ニキビのある肌というのは少なからず、肌の内部に炎症を持っています。肌は炎症が起きると、免疫組織であるメラノサイトの働きが活発になり、大量のメラニンを作ります。つまりニキビのある肌には、大量のメラニンがあるということです。ここに紫外線を浴びてしまうと、メラニン色素となって、肌に茶色い色素沈着を残してしまうことになるわけです。

 

したがってニキビ治療の最中にも紫外線対策は万全にする必要があるのですが、クリームタイプの日焼け止めで毛穴を塞いでしまうと、それはそれでニキビに悪影響ということもあります。肌のべたつきが気になる方にはフェイスパウダーを使う方法もオススメです。フェイスパウダーは紫外線を反射・拡散させて、肌が紫外線を浴びることを防いでくれるのです。

 

ただし、いずれも毛穴を塞いでしまうと逆効果になりかねません。ニキビのもとになりにくい処方のものを選び、一日過ごした後には洗顔してきちんと落とすことを心がけましょう。

 

あなたも日頃の生活習慣を見直し、ニキビが治りにくくなる原因である紫外線ブロックを心掛けてみてはいかがですか。

 

ニキビに効く洗顔料