ニキビに効く洗顔料のピーリングの効果

ニキビに効く洗顔料のピーリングの効果でニキビは治るのかについて紹介します。

 

ニキビ洗顔の中には、ピーリング効果をうたうものが多くあります。このピーリングとはいったいなんでしょう?ピーリングとは、英語で「皮をむく」「はがす」という意味ですが、この場合のピーリングとは、肌表面にたまったふるい角質層をはがして、その下にあるきれいな肌を表に出しましょう、という意味です。

 

肌にたまって毛穴を塞いでいるよけいな古い角質をはがしてあげることで、下にある新しい肌が顔を出すことができ、肌のターンオーバーが正常に戻る...というサイクルです。

 

ニキビ洗顔とピーリング

 

ニキビ洗顔にもピーリング効果をうたうものが多くあります。代表的な成分はフルーツ酸(AHA)、グリコール酸、サリチル酸などです。酸の効果により、肌表面の角質を溶かし、除去する効果が期待できます。

 

ピーリングのニキビへの効果

 

ただし、ピーリングを行うことが、ニキビの根絶になるかと言うと、効果が必ずあるとは言いにくいのが現状です。

 

ニキビを引き起こすアクネ菌は、毛穴の奥皮脂腺近くで繁殖しますが、皮脂腺があるのは角質層よりももっと肌の内部です。ピーリングはあくまで、肌表面に作用するものですので、これだけでは片手落ちと言わざるを得ないでしょう。

 

また、ピーリングの後の肌は、角質が薄くなっており、とってもデリケートです。そのためピーリング後のケアを間違うと、肌内部へ細菌の侵入を許してしまいます。

 

ニキビのピーリングを自宅で行う

 

ということで、素人判断で自宅でニキビピーリングを行うことはあまりお勧めできません。また、ニキビ洗顔でピーリング効果のある成分が含まれる場合も、含有量に気をつけてください。

 

もし、できたばかりのニキビではなく、ニキビ後に使いたいという方であれば、テンデシカがおすすめです。

 

 

一つは、炭酸泡パック洗顔ができるテンデジカ

ニキビ ピーリング テンデシカ

ワンプッシュで洗顔+炭酸泡パック+ソフトピーリングができるすぐれものの洗顔料です。
テンデシカの詳細は、こちら ⇒ 炭酸泡洗顔テンデシカ

ピーリング後のお肌は、角質が薄くなります。
しっかりとニキビのケアをしてあげてくださいね。

 

ニキビに効く洗顔料