白いニキビができる仕組みについて~ニキビに効く洗顔料

白いニキビができる仕組みについての解説記事です。

 

白いニキビとは、毛穴から分泌された皮脂が、毛穴を塞いだ状態のこと。皮脂が毛穴に詰まると、肌表面には白く見えることから、白ニキビと呼ばれます。

 

この白ニキビ、ニキビの中ではもっとも初期段階です。

 

白いニキビを放置すると、空気にさらされた皮脂は、変質して酸化し、黒く固くなります(この状態を黒ニキビと言います)。

 

皮脂が固くなると毛穴の出口が塞がれ、皮脂が外に出られず毛穴の中にたまってしまい、毛穴の中を炎症させ、どんどんニキビは悪化、症状も重くなってしまいます。

 

ですので、ニキビがまだ白ニキビのうちに正しいケアをしておけば、多くの場合はニキビが深刻な事態に悪化することを防げるでしょう。

 

なお、ニキビで皮膚科などにかかると、ぽつんとできた白ニキビをプッシャーなどで押し、中の皮脂を取り除く場合があります。

 

「ニキビはつぶしてはいけない」なんて聞いたことがある方は、「せっかくお医者さんに行ったのに、お肌に悪いことをされた…」と不安になってしまうかもしれません。しかし先ほど述べたように、毛穴に詰まった皮脂を放置することはニキビの重傷化につながりますので、皮脂を取り除くこと事態は、決して悪いことではありません。

 

ただし、不衛生な状態や、消毒していない器具などで無理矢理取り除くのはよくありません。中の皮脂を押し出すということは、一時的とはいえ、肌を傷つける行為ですので、傷から、余計な雑菌などが侵入しやすいのです。

 

自分で白いニキビに有効なケアを行う際は、洗顔などできるだけマイルドな方法で行うのがベターです。トップページでご案内しているニキビに効く洗顔料おすすめランキングも併せてご覧ください。