ニキビ洗顔料を使った後のスキンケア方法~ニキビ洗顔料と一緒に行うべき対策法

ニキビ洗顔後のスキンケア方法の基本について紹介します。
ニキビの予防と対策には,ニキビ洗顔が大切ですが、同じくらい重要なのが、洗顔後のスキンケアです。

 

つまり、スキンケアはニキビに効く洗顔料とワンセットで考えましょう。

 

皮脂コントロール

 

ニキビのケアで大切なのは、皮脂のコントロールです。
ニキビは、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まることで起こりますが、皮脂は、本来肌を守るために分泌されるものです。

 

皮脂が奪われすぎると、肌は乾燥してしぼみ、細菌の侵入など外部の刺激に負けてしまいやすくなります。
従って、ニキビのもとになるから...と皮脂を取り去るだけでは、正しいケアができているとはいえません。

 

洗顔では皮脂を取りすぎず、乾燥させないように心がけて、洗顔後は水分をたっぷり与える、というニキビスキンケア方法を守るようにしましょう。

 

水分といっても、水をつけるのではダメです。単なる水は、蒸発した後に更なる乾燥を招きます。

 

ニキビ用の薬用ローション

 

ニキビ用の薬用のローションを使いましょう。

 

できれば、ヒアルロン酸やセラミドなど、もともと肌に含まれる保湿成分が含まれたものがいいでしょう。
ただし、とろみの強すぎる化粧水は、乾いた後、逆に毛穴をふさぐ原因にもなりますので、ニキビ肌には粘り気は控えめなものの方がお勧めです。

 

あるいは、ビタミンC誘導体が含まれるものは炎症を抑える効果があり、ニキビの赤みや、ニキビ後の色素沈着を防ぎます。

 

ニキビ用ローションの使い方

 

つける時は、コットンを使っても手でつけてもかまいません。

 

コットンは細かいところまでしっかりつけることができますし、手は体温でよくなじませることができます。

 

いずれの場合も、つけるときにこするようにすり込んだり、叩いたりせず、やさしくなじませるように心がけてください。

 

ニキビの洗顔方法をマスターするだけでなく、洗顔後には、しっかりとニキビのスキンケアも十分に行うようにしましょう。

 

ニキビに効く洗顔料

ニキビ洗顔料を使った後のスキンケア方法関連ページ

ニキビ肌を隠す化粧とメイク落とし